ザ・ライフ・カムパニイ
ザ・ライフ・カムパニイ

人間の心の深奥へ

光をおくること

これが芸術家の使命である

― シューマン ―

私にとって 絵は常に愛すべきもので

楽しいもので 美しく そして素敵なものでなければならない

この世は不愉快のものだらけなので これ以上そんなものをつくる必要はない

― ルノアール ―

次回公演

ミュージカル
「ミルキーウェイ~銀河鉄道の夜」

2019年7月4(木)~7日(日)
劇場:六行会ホール

主要キャスト

  • 柳瀬大輔柳瀬大輔
  • たにむら玲子たにむら玲子
  • 児玉奈々子児玉奈々子
  • 栗原沙也加栗原沙也加
  • 児玉愛里児玉愛里
  • 扇国遼扇国遼
  • 藤波大藤波大
  • 小山雲母小山雲母

ミルキーウェイ~銀河鉄道の夜 チラシ

テーマとあらすじ

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」は、メルヘンの物語でありながら、生死を超えた壮大なテーマ―― “ほんたうの幸せとはなんだらう”という身近でありながら深いメッセージが物語に込められています。

舞台の写真

皆からいじめられ孤独なジョバンニ――今でいういじめにあっている少年と、彼を守ろうとするカムパネルラという友情を横軸に、銀河の旅の中での不思議なエピソードを持った人々との出会いを縦軸に、物語は進行しています。

仲間に入れないジョバンニはケンタウルスの星祭に参加することができず、ひとり銀河が見わたせる丘の上に登り、涙でにじんだ星夜を見つめています。

やがてどこからか汽笛の音が聞こえ、ジョバン二の前に銀河鉄道を旅する汽車があらわれます。そこには親友カムパネルラが乗っていました。しかしカムパネルラは、少し苦しそうに息をしてずぶぬれの服を着ていました。

二人は銀河の旅に出ます。不思議な学者、不思議な鳥捕り、不思議な車掌。そして今しがた沈没したタイタニック号の不思議な乗船客の青年との出会い。

舞台の写真

その中で、カムパネルラは、自分を犠牲にして人を助けたいと願ったサソリが、夏の夜空に永遠に赤々と輝くさそり座の星になった話をジョバンニに語ります。

ジョバン二はカムパネルラとの旅を楽しみながら、それらの人々の出会いを通して、人間とはなんだろう。幸せとは何だろうと考えさせられていきます。

やがて銀河の旅が終わるころ、列車には誰もいなくなり、一緒に旅をしていた親友のカムパネルラもいつの間にか姿が見えなくなっていました。

ジョバン二は声を押しころして泣きはじめるのです。丘の上での夢から覚めたジョバンニは、川に群がる沢山の燈火にさそわれて仲間たちのところへ行きます。カムパネルラが溺れている友達を救おうと川に入り、行方不明になっていたのです。

銀河鉄道でつい今しがた一緒に旅をしたカムパネルラは、本当の幸せとはなんだろうと、ジョバン二に伝えに来ていたのかもしれません。


公演情報

公演日時 2019年7月4(木)~7日(日)
劇場 六行会ホール
チケットお求め ※チケット:¥6,500
※全席指定 
※未就学児童はご遠慮ください。
ローソンチケット
0570-000-407(10:00~20:00オペレーター対応)
0570-084-003(24時間受付Lコード:32233)
※全国ローソン・ミニストップのLoppiにて直接購入できます。
カンフェティチケット
※0120-240-540(平日10:00~18:00オペレーター対応)
※WEB予約 https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=52487&
※WEB予約は事前に会員登録が(無料)必要となります。

チケットのお申込みはこちら

Pocket